雪だし、ゆったりとブログ

みなさま、こんにちは!

寒いですね。関東でまた、雪が降りました。
ちょっと小高い場所にあるこの場所には、雪のこんな日、お客様が少ないーーーので、
気分転換にブログ書こうと思いました。
そして、ある人から教えていただいた言葉、ちょっとだけ、書かせていただきます。

いきなりですが、

仕事とか、人間関係とか、うまくいかない時、
不安になったり、ネガティブな気持ちになったりしますよね。

そんな時は、よく言われる『言葉は具現化する』という観点から、そのネガティブな気持ちをすぐに消さなきゃ!と
焦ってしまい、一層ネガティブな空気にどっぷり落ちてしまうことが私にはあります。。。

でも!

そんな時はそのネガティブな自分の気持ちに優しく話しかけるといいそうですよ。
ネガティブな思いをしてる自分に優しく
「(その気持ちに)気付いてるよ」と心の中で声をかけてあげるそうです。

ネガティブ思考さんは、私たちが残るために、必要な機能なんですって。
車にひかれないようにとか、失敗しないように慎重になるとか、ネガティブ思考さんのおかげですと。

ネガティブ思考さんは、私たちのために一生懸命働いてくれてるだけなのですが、それが過剰になってるだけで、
なので、ネガティブ思考に気付いても、それを嫌ったり責めたりせず、優しく気付いてるよと声をかける事で手放していくと良いそうです。

なんか、それだけで「かわいいっ」って、変ですけど、かわいいって思っちゃいました。
話しかける自分を想像するだけで、自分の中のネガティブ思考さんが喜んでくれそうで、だから、ちょっと笑えて、楽になりました。
心の中じゃなくて、声に出して話しかけそうですよね、それは気をつけなきゃ笑

マイナス思考が来たら、気づいて、プラスに転換していく事が大切。ここのポイントは『気づいて』です。
打ち消すのではなく、認める、気づく。
そのことだけで、単純な私は心が軽くなります。

本当は、単純とか、もしかしたら一番いいことなのではないかと思います。
頭の中であーでもない、こーでもないと複雑にして、難しくしているのはなんだか、苦しいだけ。

幸せな気分でいる時間が増える事で、人に喜んでもらうにどうしたらいい?というアイデアやエネルギーが増えます。
お客様に喜びや幸せを感じて欲しいという気持ちからサービスが生まれます。
それに必要なサービス精神は、幸せな心、好きな仕事を楽しんでする心から生まれます。
自分に余裕がないとサービス精神は難しい。
それは本当の心からの良いサービス精神ではいられません。
仕事って、要は、必要で喜ばれることから生まれたものですから、誰かが喜ぶためにやるもので、それで自分も喜び、成長になり、自分のためになるもの。

いやでもやらなきゃいけないって話とかは、言い出したらキリがないから、それは置いておいて・・・
そんな気分の時は誰にでもあるってことで。

そもそも幸せな心って?自分に問いかける。

それは、機嫌が良いという事だそうです。
どうしたら心地良く、機嫌よく、毎日過ごせるかそれがとてもとても大切だそうです。
本当にとても大切なことのように思います。
だから、自分の心に素直に、自分の心に向き合い、気づき、認めてあげる。
できるだけ、機嫌よくいられる状態に持って行く努力をする。

ふと、連想したことは、温かいものを触るとか、温かいものを食べるとほっとする、そんな感じ。
そういう温かいって、すごく幸せ。暖かい日もすごく好き。
温かい心に触れると、こちらも嬉しくなって温かい気持ちになる。

だから、温かい人になりたいなと思いました。
今、急に昔、ホ・オポノポノというヒューレン博士のセミナーに参加したことを思い出しました。
その時の私は、意味が全くわかりませんでした。その時の私は今よりずっと若くすぎて、子供で、愚かでしたね。
なんで?なんで?なんでよ?なんで?みたいに、
なんで、嫌いな人に「ありがとうございます、ごめんなさい、許してください、愛しています」と
思ってもいないのに思わなきゃいけないのよ?という具合に。

今の私はとてもよくわかります。
そして、普段、大切な人には普通にどんな時もふと心の中で、自然に言っている言葉なんですよね。
魔法の言葉とかではない、愛の言葉だなって、今は思います。
愛する人には自然に出てきてしまう言葉。
「ありがとう」も「ごめんね」も「許してね」も「愛してるよ」も。

話がそれているようで、まとまっていなくて、なんだか勝手に浸ってる感ですけど、
ま、それもいいでしょう。と自分に甘くなる。

時には辛い思いや、悲しい思い、自分を責めてしまう気持ち。
それは、誰にでもあり、それがあるからこそ、優しい人にも気づけるし、そうなりたいとも思う。

いろいろな人がいますが、自分の周りにはそういう感覚みたいなものが同じ人に囲まれて、
機嫌よく、優しく、思いやりを持ちながら、過ごしたいですね。

と、いうことで、そろそろ終わり。もう、帰ろう。
誰も読んでいない、ひっそりすぎるブログですが、いつか、誰かの良い何かにつながりますように〜