餅は餅屋

みなさま、こんにちは!

とっても風が強い毎日、春が近づいていますね。もうバレンタインもとっくに終わって、あと一週間で3月!!
なんて、月日が過ぎるのが早いのでしょう。

昔、ずっと年上の人が言っていたあの言葉は、今では大きくうなずいてしまう年に自分もなりました。

「年を取ると月日が経つのが早いのよ〜」
「空気吸ってるだけで太るわよ〜」

その通りです・・・

でも、まあ、そんな事言っていてもみんな同じだけ与えられているものが『時間』。
私も年を取ってるけど、みんなも取ってますから。
月日が経つのが早い事も、毎日が充実していて、幸せで、
空気吸ってるだけで太るのも、それはそれである意味、幸せなことですね。
ありがたいです。

話はだいぶそれてしまいましたが、、、

「餅は餅屋」。
この言葉も昔からよく聞く言葉でした。
今になってこそ、とても理解できる言葉となりました。

「餅は餅屋」・・・何事においても、それぞれの専門家にまかせるのが一番良いということのたとえ

 

実は今まで、なんでも自分でやろうとしてました。
私の仕事は設計をすること。内装とかのデザイン。
でも、カフェもやっているので、メニューとか宣伝の為のチラシとか、プロから見たら、中途半端出来映えであるものの、
依頼するのもどこに頼んでいいかもわからず、そうこうしている間に自分で作ってしまう方がずっと楽で、そうしてきました。

でも、ふとしたことから、『プロに頼もう!』と決意し、すぐにネットで検索。

5分もしないうちに頼みたいと思えた会社を見つける事ができました。
すぐに電話をして、数日後に打ち合わせに来ていただいて、好き勝手しゃべって、デザインはおまかせ!って。

そして!
できましたー!さすがプロ!

今までの苦労はなんだったのか・・・
もう、心から思いました。餅は餅屋。プロに頼もう。それぞれの仕事のプロに。
その方が世の中、ぜったいうまくいく!みんなハッピー。