デンマークの旅

こんにちは。

店舗設計デザイナー TSCの平野智美です。

昨日からテスクでは新しいサーバーになり、その関係でいろいろな設定をやっているこの数日。
ふとしたことから、ものすごい懐かしい未使用のメールを発見。

2013年に行ったデンマークの買い付けの旅のブログ記事。

果たしてこの記事はソケリ?キルカス?どちらかのホームページでアップされたものなのか?記憶がない。。。
読み返してみたら、とても懐かしく、これからデンマークへ行くことを考えてる人へも参考になるかな?と再度、投稿してみます!

『今度はぜったい、夏に来て、一日中ごろごろしていたいな。。。』←最後の1文、まだ叶えてない・・・

————————–ここからはちょうど4年前に書いたブログです——————————–

2013年1月11日、ルイジアナ美術館へ

デンマークに来たら、ここに行かないと意味がない!!と絶賛する友人のすすめで『ルイジアナ美術館』へ。
中央駅からHelsingor(ヘルシンオア)方面行きの郊外列車に乗り、Humlebaek駅(ヘムレベック)へのチケットを購入します。

IMG_9188

日本に比べると電車賃がけっこう高いです。でも、これは美術館入館料も含まれていて、駅で一緒に購入できました。
デンマーククローネで180DKKは日本円で約¥2,800ちょっと。(2013年1月現在)

IMG_1148

およそ40分乗り換えなしで到着したのがここの駅。フムレベック(Humlebaek)駅です。デンマークの駅には改札口などはありませんし、キップは電車内でチェックされます。

IMG_1156

小さい駅ですが、レンガ作りでかわいいですね

IMG_1162

駅からは美術館へは、徒歩で10分くらい。コペンハーゲンから比べるととても静かな感じ。住宅地をひたすら歩きます。

IMG_1165

そして、到着したのが住宅地に佇む『ルイジアナ美術館』。世界一美しい美術館と言われています。

IMG_1171

入館するとまずはショップがあり、その先がいよいよ美術館です。通路の奥はミラーです。ずーっと奥まで長い通路があるのかと錯覚するデザインですね。

IMG_1182

オーレスン海峡を眺められる美術館。
ヘンリー・ムーア(Henry Spencer Moore)の彫刻と。海の向こうにはスウェーデンです。
この美術館のコンセプトは自然と建築がすべてを表現でき、海、湖、丘、建築物がとけ込み合い、忘れられない景観の美しさがあるそうです。設計を手がけた建築家ヨルゲン・ボーとヴィルヘルム・ヴォラートの二人は何ヶ月も歩き回って、理想の場所を探したそうです。

それを私も感じる事ができました。内装はシンプルで現代アートが一層引き立ちます。
IMG_1184
IMG_1186
そして、アートに触れながら自然にたどり着く場所がおしゃれなカフェスペースです。
でも、残念なことにテーブルスペースの写真がない・・・
IMG_8962
サーモンのオープンサンドの向こうに見えるのはオーレスン海峡の海と芝生のグリーン!
IMG_1193
エレベーターも木とグリーンが絶妙でステキ!
IMG_9069
ランチを終え、カフェからまら、渡り廊下を歩き、その先にあるのは・・・こちら。『アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti)』の展示空間。彫刻と湖、大きな窓が計算された空間!という印象。その他にはエキシビジョンとしてアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)の初期デッザンなどの貴重な展示でした。

普段、現代アートに触れる機会が少なかったので、本当にいいタイミングだったようです!
実はこの『ルイジアナ美術館』へは、デンマーク滞在中2度も行きました。

今度はぜったい、夏に来て、一日中ごろごろしていたいな。。。